現在地
  1. ご利用ガイド 調整サービスについて

靴の調整サービスについて

サイズの合っていない靴を履き続けると…
・疲れる
・姿勢が悪くなる
・外反拇指など、足の障害に繋がる
・膝や腰などを痛める
ジャストサイズの靴を履くと…
・快適に歩ける
・姿勢もよくなる
・疲れにくい

そして、多くの靴は、製造サイズが5mmごとに設定されていますが、

『 靴をぴったりに履く 』

ことを考えたとき、千差万別な人間の足にとって、5mm刻みが細かすぎることはありません。
そのため、お客様1人1人の足により合うよう、中敷やパッド、またはストレッチャーなどを使って
靴の履き心地に微調整を加えていくことを、靴のフィッティングにおける【調整】と言います。
当社オンラインストアでは、商品発送前に、ご注文商品に合わせた靴の【調整サービス】をさせて頂いております。

※ こちらは、特別な材料などを使わないかぎり基本的に"無料サービス"として行なわせて頂いております。
手間がかかる、のは正直なお話ですが…
「通販であっても、
ジャストフィットの心地良さを少しでもお届けしたい、
足に無理なくお履き頂きたい」
と考え、行なわせて頂いています

1.パンプスへの調整

2.ブーツへの調整

3.対象商品につきまして

4."きつい"ことをご心配のお客様へ



【パンプスへの調整】

パンプスは全体に調整中敷を入れると、踵が浅くなって脱げやすくなる場合があるため、
前部分のみの半敷きを入れさせて頂いております。
靴本来の中敷の下に入れますので、外から見てもほとんどわからず、脱いだ時も安心です。

中敷を前半分だけ剥がしています。

靴の形に合わせて、フェルトを形取り、段差が気にならないように厚さを斜めにカットします。

中敷下にこれを入れます。

中敷を戻します
(接着は致しませんので、きつい場合にはいつでも外せます)

装着完了

【ブーツへの調整】

ブーツやブーティは中敷を剥がさずに調整用の中敷を中に入れさせて頂いておりますので、
中敷に皺が入ることはありません。
ただ中敷の挿入時に、甲部分などに若干の皺がよることがありますが、
履いた際に出来る皺に較べれば僅かな程度ですのでご了承ください。

ブーツの場合は、
全体に敷く大きさの中敷を、
靴の形状に合わせてカットし、
靴の中に入れさせて頂いています。
(画像は元のサイズになります。)
その中敷も、
"ちょっと緩いかもしれない"→ 薄手のスポンジ素材を使用
"かなり余裕がある"→ 厚手のフェルト地を使用
当オンラインストアでは、特別なご要望がなければ前者(薄手のスポンジ素材)で行なわせて頂いていますが、
お客様の方で、ご注文サイズと、普段お履き頂いているサイズや
靴のタイプ・形状から考察され、"かなり余裕があるかもしれない…"
とご想像されている場合には、厚手のフェルト地での調整もさせて頂きます。
ご注文時、その旨備考にお書き添え頂けましたらと思います。
※ 冬は厚手の靴下をお履きになられたりすることも多いと思います。
  その点もご考慮に入れて頂きながら、ご検討頂けたらと思います。

【対象商品につきまして】

基本的な調整は、"靴が緩い"場合を想定していますので、
シンデレラサイズ(20~22cm)のお客様にのみ行わせて頂いております。
※ モデルサイズの商品にも可能な調整技術ではありますので、
  ご注文備考欄などにお書き添え頂き、ご相談ください。
 (調整に必要な材料による制約もありますので、お受けできる場合と
  出来ない場合がありますこと、予めご理解頂けましたら幸いです)
従いまして、「注文そのサイズはジャストサイズか、少しきつめかもしれないか…?」と思われるお客様には不要です。
(きつい場合を想定されるお客様には、調整なしにてお試し履き頂いたあと、
 お近くの靴屋さんに、部分伸しなどのご相談を頂くのがよろしいかと思います)
この調整、1足ずつ、手作業で行わせて頂くため、
ご注文頂いてから商品到着まで、少しお時間を頂く(プラス1営業日程度)場合もございます。
もし急ぎだけど調整して欲しい!というお客様も、まずはご相談ください。
※ ご注文内容の設定時、調整サービス可能な商品につきまして、
  "調整ご希望の有無"を選択頂けるようになっています。
下記事項に当てはまる、気になる、というお客様も『調整なし』をお選び下さいませ。
・普段サイズがぴったりなので、緩い場合を特に想定しなくて良い
・市販の気にいった中敷を入れたい
・中敷に皺などあると気になるので、そのままにして欲しい
 (中敷を剥がしますので、多少なりとも中敷に皺はよります)
・靴の中に手を突っ込みます、甲にも多少の皺がつきます。
 (もちろん履いて歩いてつく皺ほどにはつきません)

"きつい"ことをご心配のお客様へ

上記と反対に、"きつい""窮屈""一部が当たる"等の場合には、
"靴全体の余裕を広げる(長さは伸ばせません)""一部を伸ばす"
という事も多少は可能であり、こちらも【調整サービス】の一貫として承っております。
しかしその場合には、靴の状態が元とは変わってしまい、
他のお客様へご案内できるものでは無くなりますので、交換や返品は承ることができなくなります。

お客様の責任におきまして、その靴をお履きいただけると確証頂ける、
これまでに履いた実績のある靴などに限り、ご要望頂けたらと存じます。
※ 最近の靴は、中敷の接着が強固で剥がすと機能を損ねる可能性があるもの、
  そもそも剥がせない構造のものも増えています。
  商品機能を損なうようなことはできませんので、そのような商品は
  特にお断りせず、調整を行わずに送らせて頂きますので、ご了承下さい。

※ 実店舗での靴の調整サービスにつきましては、こちらをご確認ください。

小さい靴大きい靴通販サイトページトップへ

条件検索


小さい靴大きい靴を条件指定で探す

ブランドコンセプト


小さい靴大きい靴通販サイト イベント出店情報


小さい靴大きい靴通販サイト ご利用ガイドへ


小さい靴大きい靴通販サイト サイズの見方


小さい靴大きい靴通販サイト ご利用ガイドへ



小さい靴大きい靴通販サイト ページトップへ